HPtitle →English 旧ホームページ 訪問者数: アクセスカウンター

理解と研究のために

はじめてのポパー 紹介的記事 写真、動画、音声 ポパー年譜 用語解説 典型的誤解 関連サイト 文献 会員(業績)紹介 集積された新着情報 寄稿論文 オンライン機関誌

Rss-Mark日本ポパー哲学研究会へようこそ

横顔

 

新着情報

☆☆2017年7月22日記載☆☆

日本ポパー哲学研究会第28回年次研究大会のご案内

☆☆2017年7月21日記載☆☆

The Cambridge Companion to Popper, Reviewed by Abraham Stone and Paul A. Roth, University of California-Santa Cruz

☆☆2017年7月10日記載☆☆

My 5-year Popperversary (A Personal Digression on Karl Popper)

☆☆2017年7月01日記載☆☆

David Deutsch, Simple refutation of the 'Bayesian' philosophy of science"

☆☆2017年7月01日記載☆☆

David Deutsch, A reflection on Jacob Bronowski's "The Ascent of Man."

☆☆2017年6月02日記載☆☆

J C Lester, Popper's Epistemology versus Popper's Politics: A Libertarian Viewpoint

☆☆2017年6月02日記載☆☆

Arabic 『開かれた社会とその敵』第二巻のアラビア語訳が出たようです。

☆☆2017年6月02日記載☆☆

Francesco Di Iorio read his paper: World 3 and Methodological Individualism in Popper's Thought, at the Collaboration Room 2, 4th Floor, Building 18, komaba Campus of Tokyou University, on 31st May.

☆☆2017年5月28日記載☆☆

Ian Jarvie, Sir Karl Popper (1902–94): essentialism and historicism in film methodology

☆☆2017年5月27日記載☆☆

The Open Society Foundations adn Gerote Soros

☆☆2017年5月14日記載☆☆

Denis Noble, Dance to the Tune of Life

☆☆2017年5月7日記載☆☆

Why It's Good To Be Wrong

☆☆2017年4月23日記載☆☆

Karl Popper: philosopher  -  Column by Joe Barnhart

☆☆2017年4月16日記載☆☆

It's no surprise that the far right are mobilising against George Soros – he's the biggest threat to their global domination

☆☆2017年4月11日記載☆☆

Danny Frederick, HÁJEK'S FAULTY DISCUSSION OF PHILOSOPHICAL HEURISTICS

☆☆2017年4月7日記載☆☆

Hungary takes aim at Soros as parliament backs university curbs

☆☆2017年4月6日記載☆☆

Hungary's anti-Soros education law sparks schism in European Parliament

☆☆2017年3月31日記載☆☆

Hungary Plan That Could Shutter Soros's University Is Called 'Political Vandalism'

☆☆2017年3月29日記載☆☆

Rod Thomas, 'Brexit' and the Political Ideals of the Open Society

☆☆2017年3月20日記載☆☆

Ray Percival氏の書評2点と論考1点。

Where does Awareness Dawn? (Review of The Mystery of Consciousness. John Searle.)

Breaking the Grip of Materialism (Review of Unsnarling the World Knot, by David Ray Griffin.)

Multiply and be Fruitful. (Critique of the Club of Rome and Paul R. Ehrlich.)

☆☆2017年2月25日記載☆☆

Danny Frederick,Freedom: Positive, Negative, Expressive

☆☆2017年1月28日記載☆☆

In Search of a Better World: Karl Popper on Truth vs. Certainty and the Dangers of Relativism

☆☆2017年1月17日記載☆☆

Stanford Encyclopedia of Philosophy

☆☆2017年1月15日記載☆☆

Haack_s_Defective_Discussion_of_Popper_and_the_Courts?auto=download

☆☆2017年1月15日記載☆☆

Summary of Popper's lectures at the LSE

☆☆2017年1月12日記載☆☆

Newsletter Karl Popper Foundation Klagenfurt #1 (01_2017)
ダウンロードしたものを、任意のメーラーで開いてください。

☆☆2016年12月24日記載☆☆

J. Cañizares, The philosophy of Karl Popper, liberal governance and the social control of technology

☆☆2016年12月03日記載☆☆

From group selection to ecological niches. Popper's rethinking of evolution in the light of Hayek's theory of culture[1]

☆☆2016年11月24日記載☆☆

Roger James Return to Reason, Open Books, Somerset, 1980

☆☆2016年11月5日記載☆☆

ちょっと古くなってしまいましたが、2012年10月の記事。
Karl Popper, the enemy of certainty, part 1: rejection of empiricism
この記事は5部構成です。以下にそれらのタイトルとURLを記しておきます。

Karl Popper, the enemy of certainty, part 1: a rejection of empiricism

Karl Popper, the enemy of certainty, part 2: the virtue of refutation

Karl Popper, the enemy of certainty, part 3: rejecting politics as science

Karl Popper, the enemy of certainty, part 4: Lakatos, Kuhn and Feyerabend Liz Williams

Karl Popper, the enemy of certainty, part 5: the craving to be right

☆☆2016年11月4日記載☆☆

The 100 best nonfiction books: No 35 – The Open Society and Its Enemies by Karl Popper (1945)

☆☆2016年10月31日記載☆☆

The Royal Society, 1週間限定で読み放題

☆☆2016年10月25日記載☆☆

小河原 誠 著『ポパーとタルスキ真理論』(キンドル)
Popper&Tarski

☆☆2016年10月16日記載☆☆

Laurent Jodoin,
Le remède rationaliste de Popper au conservatisme populiste

☆☆2016年10月16日記載☆☆

Chenguang Lu,
Semantic Information Measure with Two Types of Probability for Falsification and Confirmation

☆☆2016年10月15日記載☆☆

こうしたものも出ていたんですね。Podcast作品
Karl Popper on Science

☆☆2016年10月07日記載☆☆

Popperを利用しての現代科学批判
Is Modern Science Polluted?

☆☆2016年10月06日記載☆☆

新刊本です
Michael Schmidt-Salomon,'Die Grenzen der Toleranz'

写真、動画、音声のコーナーに収録しておきました。
Der Philosoph Karl Popper und die "offene Gesellschaft"

☆☆2016年10月02日記載☆☆

Matt Dioguardiさんからご教示を得ました。
Iron–sulfur world hypothesis

☆☆2016年10月01日記載☆☆

Alexander Naraniecki氏の論文
Karl Popper on the Unknown Logic of Artistic Production and Creative Discovery

☆2016年9月15日記載☆☆

Rafe Championさんの新著
Popper: The Champion Guides

☆☆2016年9月14日記載☆☆

いただいたメールの転載

Web-Ansicht New: Karl Popper Foundation Klagenfurt Newsletter NEWSLETTER The Karl Popper Foundation Klagenfurt intends to launch an occasional newsletter next month that will be sent by electronic mail to all those persons and institutions whose names are on its mailing list (which currently contains some 650 entries). The main purpose of the newsletter will be to provide advance notice of meetings, and to record recent publications, in the area of critical rationalism (widely understood). The normal practice will be to announce forthcoming meetings only when their dates are fixed and an appropriate link will be provided to an external website. Recent publications will normally be announced only when they have appeared in print (or on line), and full bibliographical details will be made available. Every effort will be made to provide only truthful information, but the KPF-Klagenfurt cannot take responsibility for the accuracy of sites to which it provides a link. You are invited to send to Karl.Popper-Foundation-Klagenfurt@aau.at any notices that you would like to be considered for inclusion in issue #1 of the newsletter. It is hoped that this will be circulated before the end of October 2016. In this instance, publications that have appeared within the previous twelve months will be eligible for inclusion. If you receive the present notice (which may be regarded as issue #0 of the newsletter) and do not wish to be contacted again, please send a brief note to this effect to Karl.Popper-Foundation-Klagenfurt@aau.at. Leer Leer Events Prof. Dr. Richard Saage LECTURE SERIES "UTOPIEN - HIMMEL ODER HÖLLE AUF ERDEN?" Prof. Dr. Richard Saage: "Thomas Morus' Utopia und kein Ende? Zum 500jährigen Jubiläum eines klassischen Textes" 27.09.2016, 18:00 Uhr Alpen-Adria-Universität Klagenfurt, Sterneckstraße 15 Prof. Dr. Hans-Joachim Niemann LECTURE SERIES "UTOPIEN - HIMMEL ODER HÖLLE AUF ERDEN?" Prof. Dr. Hans-Joachim Niemann: "Warum wir Utopien brauchen und wie wir sie verwirklichen können" 28.09.2016, 18:00 Uhr Alpen-Adria-Universität Klagenfurt, Sterneckstraße 15 KARL POPPER FOUNDATION KLAGENFURT The Karl Popper Foundation Klagenfurt is a small non-profit organisation based at the Alpen-Adria-Universität. Working within the scope of the organisation's modest budget, we endeavour to organize stimulating events, which are also of sound scientific interest. +43 (0) 463 2700 4126 Karl.Popper-Foundation-Klagenfurt@aau.at www.aau.at/kpf Impressum: Karl Popper Foundation Klagenfurt, Alpen-Adria-Universität Klagenfurt Universitätsstraße 65-67, 9020 Klagenfurt, www.aau.at/kpf Sie können sich von diesem Newsletter jederzeit hier abmelden. Robinsonliste der Rundfunk & Telekom Regulierungs-GmbH und eingelangte Abmeldungen bis zum 13.09.2016 berücksichtigt. Leer Abmeldelink | unsubscribe

☆☆2016年8月16日記載☆☆

Luc Casteleinさんからの情報を転記しておきます。ポパーの著作の翻訳状況にかかわるものです。

Some time ago I recieved an update from dr. Lube about two projects. About a new edition of LScD, Routledge seems to be 'busy' with it. What exactly they are busy with remains a mystery. I don't even know whether or not they have chosen a translater. Their original excuse for not publishing a new version was exactly that they could not find a translator. I guess now they have so many good candidates that they can't decide which one to choose… Well, it doesn't seem to be easy to earn money with these editions. On the one hand, it takes only about half a minute to find a free illegal copy of the latest edition on the internet ; and on the other hand there is also a pirated printed edition available (on sale from Amazon…). Since lots of people interested in reading Popper are unable to obtain the books, these illegal internet-copies also have a positive side. It's no coincidence that the town where the Popper-page is the most popular is Tehran… Dr. Lube is also trying to find a french publisher for a 'complete' translation of 'The Open Society and Its Enemies'. When I gave sbdy a french copy as a present, I noticed that it is a 'cut' version. Some parts are abbreviated, and some of the best parts aren't even in it. Dr. Lube told me that no publisher seems to be interested in the project. Of course, he will keep on trying….

☆☆2016年8月9日記載☆☆

FB上の討論グループ:critical rationalism の紹介。世界中から多くの人が参加しています。

☆☆2016年8月7日記載☆☆

8月6日(土)慶応大学にてすでにご案内したプログラム通りに第27回研究大会が開催され、多数のご出席のもと熱心な討議が行われました。また役員が改選されました。新役員名簿は、「会則、役員、入会案内」コーナーに記載しておきます。

☆☆2016年8月2日記載☆☆

会員の新刊 小河原 誠『不正選挙論と反証主義』(キンドル本)

☆☆2016年7月28日記載☆☆

このサイトには、ポパー90歳の時の誕生パーティの写真が3枚載っています。

☆☆2016年7月26日記載☆☆

Richard J_Ormerod, Critical_Rationalism_for_Practice_and_its Relationship to Critical Sytems Thinking

☆☆2016年7月22日記載☆☆

機関誌『批判的合理主義研究』(Studeies in Critical Rationalism)2016年夏号が配信されました。会員の方で、受信されない方がいらっしゃいましたら、至急ご連絡ください。
Vol8no1

☆☆2016年6月19日記載☆☆

日本ポパー哲学研究会第27回年次研究大会のご案内

☆☆2016年7月15日記載☆☆

発売されています。13編の論考が収められています。

companion

☆☆2016年6月19日記載☆☆

ニュージーランドにおけるポパーの外国人登録証
registration

☆☆2016年4月11日記載☆☆

アマゾンから。
Shearmur, Jeremy "The Cambridge Companion to Popper (Cambridge Companions to Philosophy)"
は入荷が遅れているとのこと。すでに二回くらいこうした通知がありましたので、非常に心配になります。

☆☆2016年4月9日記載☆☆

My 5-year Popperversary (A Personal Digression on Karl Popper)

☆☆2016年3月30日記載☆☆

Autoren: Hinterberger, Norbert Hermann, Die Falschung des Realismus Kritik des Antirealismus in Philosophie und theoretischer Physik

Marcin ?urek, Society and Science. Undetermined Worlds: The Philosophy of Karl Popper Kindle Edition

☆☆2016年3月22日記載☆☆

FRANCESCO DI IORIO, World 3 and Methodological Individualism in Popper's Thought

☆☆2016年2月16日記載☆☆

Joseph Agassi氏の諸論文をダウンロードできます。

☆☆2016年1月24日記載☆☆

左欄に「紹介的記事」の項目を設定しました。徐々に内容を充実させていくつもりです。

☆☆2016年1月17日3件記載☆☆

ミラー氏より以下の情報をえました。two issues of Philosophy of the Social Sciences next year will be devoted to papers on world 3 that were read at the meeting in Klagenfurt in February.

CammboridgeComThe Cambridge Companion to Popper (Cambridge Companions to Philosophy)

much cheaper, edition of the three volumes of Karl Popper: A Centenary Assessment (the proceedings of the Vienna congress)も準備中とのことです。





☆☆2016年1月4日記載☆☆

Danny Frederick, DECISIONS, FACTS, FICTIONS AND A SPURIOUS MINERS PARADOX

David Deutsch, The Logic of Experimental Tests, Particularly of Everettian Quantum Theory

☆☆2015年12月30日記載☆☆

Donald Gillies, Lakatos, Popper, and FeyerabendSome Personal Reminiscences

☆☆2015年11月23日記載☆☆

Danny Frederick, CETERIS PARIBUS, VACUOUS, TESTABLE, AD HOC CORRECTION OF SOME ERRORS AND CONFUSIONS

記載するのが遅れてしまいましたが、Helmut Schmidt氏が2015年11月10日に96歳で亡くなられました。ポパーの影響を受けた政治家として著名な方でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

https://en.wikipedia.org/wiki/Helmut_Schmidt

☆☆2015年10月23日記載☆☆

広告が出ています。2016/1/31発売予定のようです。

The Cambridge Companion to Popper (Cambridge Companions to Philosophy)

☆☆2015年9月20日記載☆☆

まだ実際には発売されてはいないようですが。以下がアマゾンに掲載されています。

The Correspondence between Karl Popper and F.A. Hayek, 1937 (The Collected Works of F.A. Hayek) 0th Edition by Bartley (Author)

☆☆2015年9月20日記載☆☆

Alexander Naraniecki 氏の論文二つ。
L. E. J. BROUWER AND KARL POPPER: TWO PERSPECTIVES ON MATHEMATICS
KARL POPPER ON THE UNKNOWN LOGIC OF ARTISTIC PRODUCTION AND CREATIVE DISCOVERY

☆☆2015年9月10日記載☆☆

下記のサイトにPopperについての記述があり、また Natural Selection and the Emergence of Mind Delivered at Darwin College, Cambridge, November 8, 1977 が掲載されています。
http://www.informationphilosopher.com/solutions/philosophers/popper/

☆☆2015年8月6日記載☆☆

C.P. Snowの二つの文化にかかわる論争期にメダワーがポパー哲学を援用して活躍した様が描かれています。

Neil Calver, "Sir Peter Medawar: science, creativity and the popularization of Karl Popper"

☆☆2015年8月3日記載☆☆

本会会員の施 光恒氏が集英社新書で下記の著作を出版されました。
『英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる』

☆☆2015年8月2日記載☆☆

昨日(8月1日)、日本ポパー哲学研究会第26回年次研究大会が日大文理学部において開催されました。今回は若手4名の発表があり、活況を呈しました。来年は、8月6日に慶応大学において開催予定です。

☆☆2015年7月22日記載☆☆

Paperbackとして刊行されました。
Rafe Champion, Reason and Imagination: Some thoughts of Karl Popper and William W Bartley

☆☆2015年7月21日記載☆☆

トルコで、"Karl Popper and Problem of Change"と題された国際シンポジュームが開催されるようです。

Karl Popper and Problem of Change

☆☆2015年7月21日記載☆☆

Danny Frederick, GEORGE BERKELEY'S "PASSIVE OBEDIENCE": A CONCISE EXPOSITION

☆☆2015年7月21日記載☆☆

Ray Percival, World 3 Popper 0

☆☆2015年7月20日記載☆☆

動画を9件追加および写真を何枚か追加(申し訳ありませんが、写りもよくなく、しかも未整理のままです。写真はこのほかにもあります。どなたかお手伝いしていただけると大変ありがたいのですが。)

☆☆2015年7月8日記載 3件☆☆

Danny Frederick, PRO-TANTO OBLIGATIONS AND CETERIS-PARIBUS RULES

Ray Percival, Ray Percival, Cold turkey: kicking the habit of justification
Ray Percival, Is Technology a Blessing or a Curse

☆☆2015年6月21日記載 2件☆☆

日本ポパー哲学研究会第26回年次研究大会のご案内

Shahar, A Popperinan perspective of the term 'evidence based medicine'

☆☆2015年6月19日記載☆☆

Ray S Percival氏の諸論考を以下のWeb Siteからダウンロードできます。
https://independent.academia.edu/RayScottPercival

☆☆2015年5月30日記載☆☆

1945年、ニュージーランドにおけるポパーの写真を見ることができます。貴重な写真だと思います。

Danny Frederick, OBJECTIFICATION' AND OBFUSCATION

☆☆2015年5月26日記載☆☆

Danny Frederick, Entrepreneurship: Alertness, Judgment and Conjecture

Brian J. Gladish, The Society Most Conducive to Problem Solving

☆☆2015年5月26日記載☆☆

Reginald Shareef, "Want Better Business Theories? Maybe Karl Popper Has the Answer"

☆☆2015年5月18日記載2 点☆☆

Philosophy Hall of Fameポパーの項目があり、9点の論文が掲載されています。(ほかの哲学者よりもダントツで多い)

☆☆2015年5月14日記載3 点☆☆

Danny Frederick, A Regimented and Concise Exposition of Karl Popper's Critical Rationalist Epistemology

Critical Rationalism and Globalization: Towards the Sociology of the Open Global Society (Rethinking Globalizations) Hardcover - March 17, 2015 by Masoud Mohammadi Alamuti (Author)

刊行時期は古くなりましたが、最近ネットからダウンロードできることを知りましたので。Fred Eidlin(Charles University),Popper's Fact-Standard Dualism Contra 'Value-Free' Social Science Karl R. Popper und die Philosophie des kritischen Rationalismus

☆☆2015年5月10日記載☆☆

NAUTILUSに投稿されたInterview記事。David Deutsch Explains Why It's Good To Be Wrong,POSTED BY YVONNE BANG ON MAY 08, 2015

小河原 誠著『反証可能性についての誤解を糺す』がアマゾンからキンドル本として出版されました。

☆☆2015年4月22日記載☆☆

ラフェ・チャンピオン著、小河原 誠訳『ガイドブック「推測と反駁」』がアマゾンからキンドル本として出版されました。

☆☆2015年4月22日記載☆☆

『批判的合理主義研究』2015年夏号(Vol.7, No.1)の刊行予定日は7月1日です。研究大会は8月1日日本大学文理学部。より詳しくは1か月前くらいにアナウンスします。

☆☆2015年4月7日記載☆☆

Joseph Agassi Book Review: The Unique in Popper's Contribution to Philosophy by Alexander Naraniecki Philosophy of the Social Sciences 0048393115575912, first published on March 24, 2015 as doi:10.1177/0048393115575912

☆☆2015年3月31日記載☆☆

永野寛子著『資源ベース論の理論進化』(中央経済社、2015年3月)第二章に批判的合理主義についての記述があります。

☆☆2015年3月16日記載☆☆

Matt Dioguardi氏がFBでのグループcritical rationalismに投稿したものから転載 Is Science Broken? Let's Ask Karl Popper

☆☆2015年3月13日記載☆☆

第26回研究大会(日本大学文理学部、8月1日)の開催通知が会員のみなさまのお手元に届いていることと思います。研究発表者を募集しておりますので、どうぞ、ふるってご応募ください。(届いてない方は、至急、ご連絡ください)。

☆☆2015年3月02日記載☆☆

Danny Frederick, DEFECTIVE EQUILIBRIUM

☆☆2015年2月23日記載☆☆

The Nature of Realityの記事 Does Science Need Falsifiability? By Kate Becker on Wed, 11 Feb 2015 これを見ると、反証可能性は科学の最前線で依然として論じられているようですね。<<word file>>

☆☆2015年2月19日記載☆☆

ラフェ・チャンピオン著、小河原 誠訳『ガイドブック「客観的知識」』がアマゾンからキンドル本として出版されました。

☆☆2015年2月17日記載☆☆

Danny Frederick presented "Ethical Intuitionism: A Structural Critique".

☆☆2015年2月13日記載☆☆

Danny Frederick presented "WORLD 3, ANALYSIS AND DISCOVERY" for the Writenn Word in Klagenfurt.

☆☆2015年2月3日記載☆☆

アガシ著、小河原 誠訳『方法論的個人主義』がアマゾンからキンドル本として出版されました。

☆☆2015年01月26日記載☆☆

Sir Paul Nurse, the President of the Royal Society, gave a short radio talk entitled' The Book that Changed Me: Conjectures and Refutations'イギリスで2015年1月23日(金)になされたラジオ講演のようです。David Miller氏より提供していただきました。

☆☆2015年01月24日記載☆☆

本会の機関誌『批判的合理主義研究』vol.6,no.2(2014年冬号)が、PDF,Epub,mobiで発行されています。目次はこちら、会員以外は有料です。

☆☆2015年01月13日記載☆☆

パリで、イスラム過激派による風刺新聞社への襲撃事件がありましたが、これにかんしてフランクフルター・アレゲマイネにポパー哲学に依拠した論説が載っています。
Popper und der Terror Die offene Gesellschaft hat immer Feinde

☆☆2015年01月02日記載☆☆

Secrets of life from beyond grave
Denis Noble教授(Department of Physiology, Anatomy and Genetics, Oxford University, UK)によるreview
ポパーの進化論が広く再認識されることを期待する。創世記とも種の起源とも異なる第三の道。

☆☆2014年11月25日記載☆☆

クラーゲンフルト大学でのシンポ「The Written Word」にかんするメールが来ていますので、転載しておきます。

To those who would like to attend the Symposium "The Written Word" in Klagenfurt. The organizers kindly invite those who plan to attend the Symposium to send an e-mail to Ms Daniela Czell of the Popper Foundation Klagenfurt. Ms Czell will also be happy to make your hotel reservation. The same information has now been made available on the website of the Symposium, http://webmagazine.unitn.it/evento/sociologia/1548/the-written-word . Soon, the site will contain the programme and other possible updates. Kind regards, Jack Birner Professor of economics Department of sociology and social research University of Trento Via Verdi 26 38122 Trento Italy phone: +390461281335 https://unitn.academia.edu/JackBirner

☆☆2014年11月10日記載☆☆

関連サイトに、wikiquote, wikipedia, wikimedia, wikisourceのサイト情報を載せました。wikiquoteとwikipediaはしっかりしたサイトのようです。

☆☆2014年10月21日記載☆☆

ポパー哲学研究会の会員である吉田敬氏のご高著: Kei Yoshida, Rationality and Cultural Interpretivism, Lexington Books, 2014. が出版されました。心よりお祝い申し上げます。

☆☆2014年10月20日記載☆☆

facebook上でcritical rationalismというグループがMatt Diogardi氏によって運営されています(https://www.facebook.com/groups/criticalrationalism/)。メンバーは全世界に1500名以上います。討論に参加することもできますし、ときに有益な情報をえることができます。メンバーになられることをお勧めします(文責:小河原)

☆☆2014年9月10日記載☆☆

coloquioChile
「文献」から「書評」を読めるようにしました

☆☆2014年9月6日記載☆☆

Hans-Joachim Niemann, Mohr Siebeck (2014/07)
Karl Popper and the Two New Secrets of Life: Including Karl Popper's Medawar Lecture 1986 and Three Related Texts

☆☆2014年8月9日記載☆☆TheWrittenWord

☆☆2014年8月3日記載☆☆

ご案内の通り、8月2日に慶応大学で研究大会があり、盛況のうちに無事終了。総会では、新しい運営委員名簿が承認されました。「会則 役員 入会案内」のコーナーに記載。

☆☆2014年7月19日記載☆☆

OnPopper2014Sep

会の基本的活動などの紹介

創立にあたって 代表の挨拶 会則 役員 入会案内 投稿規定 ガイドライン 会員へのお願い 議事録 大会案内 ファイルについて ご質問など 会員専用 管理人 Copyright